太陽光発電のメリット

太陽光発電の主なメリットとしては、次の4つが挙げられます。

メリット1:エコな発電で地球環境に貢献

現在、私たちが毎月支払う電気料金には、使用する電気量に応じて「再生可能エネルギー賦課金」がプラスされており、電気の利用者みんなで協力してエコな発電の導入を支えています。でも、もっと積極的に貢献できることがあります。それが自宅の屋根に太陽光発電を設置することです。

太陽光発電によるCO2削減効果は、541.5g-CO2/kWh※。これを分かりやすく例えると、4kWのシステムを設置し1年間発電した場合、火力発電で使用する石油を約908リットル削減することになります。同じ電気でも太陽光発電ならそれだけ地球環境に負荷をかけないのです。

太陽光発電のメリット
ページトップへ

メリット2:電気を作って家庭をサポート

太陽光発電で作った電気を使うことで、電気料金を下げることができます。さらに、発電出力により買い取ってもらう価格や期間は異なりますが、太陽光発電システムで発電する電気を売ることができます。契約すると、売った電気の料金は契約者の口座に毎月振り込まれます。買取価格等の制度の詳細や申請手続きについては、こちらをご参照ください。

資源エネルギー庁ホームページ
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/index.html


太陽光発電のメリット
ページトップへ

メリット3::非常時にも安心な自立運転機能

太陽光発電システムには自立運転機能と呼ばれるものがあり、通常使用している電気が停電になった場合、太陽光発電システムを非常用電源として利用することができます。この自立運転機能により、使用できる電力は最大1.5kWで、太陽が出ている時間帯の日射量により異なりますが、テレビや冷蔵庫、炊飯器、電気ポット、携帯電話の充電器などの電源として利用することができます。災害などで停電になった場合の万一の備えとしても見逃すことができません。

太陽光発電のメリット
ページトップへ

メリット4:太陽光発電は省エネの習慣が身につく

「太陽光発電システムと省エネはどう関係するの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。でも、多くの太陽光発電システム・ユーザーから聞かれるのが、「システムを設置してから、節電するようになった」という声です。その理由の一つに、発電モニターの存在があります。この発電モニターは一般的にはオプションですが、発電量や消費電力量が数字で表示されるので、それまで何気なく使っていた電気に対する意識が変わり、自然に省エネ行動がとれるようになるのです。
「洗濯や炊飯は安い夜間電力を使ったり、工夫しながら省エネライフを楽しんでます」「子どもが電気をこまめに消すようになった」。こうした話しはよく聞かれるところです。太陽光発電システムの設置は、知らず知らずのうちに省エネマインドを高めることにつながります。エコノミーライフを実践することで、家計にはさらにメリットとなります。


太陽光発電のメリット
ページトップへ