チェックポイント5 運転開始?維持・管理

設置工事が完成すると、施工検査ならびに電力会社による検査が行われます。
公的支援制度を利用する場合は、助成金の交付申請を行います。

施工検査と引渡し

竣工検査が行われ、竣工検査成績表とともに引き渡されます。

竣工検査の内容

太陽電池アレイや接続箱、パワーコンディショナなどについて、汚れや破損などがないかの「目視点検」、絶縁抵抗などの「測定試験」、運転・停止、停電・復電、自立運転などの「連系確認」が行われます。

引渡し書類

引渡し書類には次のようなものがあります。確認し保管して下さい。

設置業者から:
竣工検査成績書
  • ※補助金申請の場合、写しが必要となる場合があります。
メーカーから:
製品の検査成績書、取扱説明書、保証書等
ページトップへ

システムの運転開始

電力会社の立会いのもと、システムの連系運転を開始します。
2000kW以上の場合は、使用前検査が必要です。

ページトップへ

維持・管理

維持・管理
維持・管理

日常点検、定期点検を実施します。
システムの規模によっては、点検の周期が定められている場合があります。

ページトップへ