セミナー・シンポジウムなどの開催予定

第35回太陽光発電シンポジウム

~ 日本の主力電源・太陽光発電、2019年からの新たな時代へ ~

第35回太陽光発電シンポジウム
日時 2018年11月14日(水)~ 11月15日(木)
9:30 ~ 17:00(予定)
場所 ヒューリックホール
東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル2階
(JRまたは都営地下鉄「浅草橋」駅より徒歩2分、地図はコチラ
主催 一般社団法人 太陽光発電協会
参加費(税込)
JPEA会員
2日券/26,000円
1日券/15,000円
一般
2日券/29,000円
1日券/18,000円
  • ※税込み。シンポジウム参加費と予稿集代を含みます。
  • ※参加証1枚につき、会期中(1日券の場合は指定日のみ)1名様ご入場いただけます。
    参加者は、お申込者本人でなくても、また複数の方が交替でご入場いただいても結構です。
  • ※「JPEA会員」の一覧はコチラ
    会員価格は、JPEA会員企業及びJPEA会員企業100%出資のグループ会社・子会社に限り、適用されます。
情報交換会 11月14日(水)17:30~ / 会費5,000円・事前申込必要
  • ※シンポジウム参加者を対象としており、単独ではお申込みいただけません。
定員 400名
  • ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
申込み方法
  • インターネットでお申込み下さい。
  • 「太陽光発電シンポジウム事務局」にてお申込みを受け付け後、請求書をお送りします。
    注意書きに従って、振込みの手続きをお願い致します。
  • 入金が確認されましたら、参加証をお送り致しますので、当日受付にお持ち下さい。
  • 開催間際に申し込まれた場合、参加証が当日渡しとなる場合があります。

      インターネットでの受付は、12日(月)正午をもって終了いたしました。
      尚、まだお席がございますので、『当日受付』をご利用いただけます。

お問合せ先 太陽光発電シンポジウム事務局
(株式会社JTBコミュニケーションデザイン内)
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
TEL:03-5657-0813  FAX:03-3452-8557
E-mail:jpea_sympo@jtbcom.co.jp

プログラム概要
※講師名、講演タイトル、講演時間等詳細が決まり次第、当ページにて順次公表致します。
※プログラム内容(講師、テーマ、講演時間等)は予告なく変更することがありますのでご了承下さい。

1日目:11月14日(水)

≪ご挨拶と基調講演≫
9:30~9:35       ・開会挨拶
一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)
代表理事
平野 敦彦

9:35~10:05     ・基調講演「再生可能エネルギー政策の今後の展望 ~主力電源化に向けて~」
経済産業省 資源エネルギー庁
省エネルギー・新エネルギー部長
松山 泰浩 様

10:05~10:35   ・基調講演「脱炭素化に向けた動きと太陽光発電等の再省蓄エネを生かした
地域の活性化」
環境省 地球環境局
地球温暖化対策課
地球温暖化対策事業室長
相澤 寛史 様

≪基本講演≫
10:50~11:35   ・基本講演「パリ協定後の世界 気候変動とエネルギーをめぐる最近の動向」
東京大学 国際高等研究所(UTIAS)
サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)
教授
髙村 ゆかり 様

11:35~12:20   ・基本講演「気候変動を取り巻く企業のリスクとビジネスチャンス(緩和と適応)
~ESG投資の潮流から~」
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
環境戦略アドバイザリー部
チーフ環境・社会(ES)ストラテジスト
慶應義塾大学大学院
政策メディア研究科 非常勤講師
吉高 まり 様

≪セッション1≫ 地域新電力の活動と地域創生への貢献
13:20~15:00   ・ショートプレゼンテーション
「自治体、地域金融機関、民間のノウハウを結集した地方創生のモデルケースとしての、分散型・自立エネルギーシステムの構築」
みやまスマートエネルギー株式会社(福岡県みやま市)
代表取締役社長
磯部 達 様

「持続可能なエネルギーに裏打ちされた持続可能な事業経営と経済社会の実現に向かって」
一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(東京都千代田区)
理事兼事務局長
早稲田大学
招聘研究員
小山田 大和 様

「電力の地産地消を目指して」
湘南電力株式会社(神奈川県小田原市)
代表取締役副社長
古川 剛士 様

「地域新電力と地域創生における太陽光発電の可能性」
東京理科大学
工学部
准教授
植田 譲 様

・パネル討議/「地域新電力の活動と地域創生への貢献」
司会・モデレーター
東京理科大学
工学部
准教授
植田 譲 様

≪セッション2≫ 住宅用太陽光発電 新たな時代を切り拓く2019年

15:20~17:00   ・ショートプレゼンテーション
「自家消費電力拡大のためには」
積水化学工業株式会社
住宅カンパニー 広報・渉外部
技術渉外グループ グループ長
塩 将一 様

「住宅用太陽光発電市場について」
株式会社ソーラーパートナーズ
代表取締役社長
中嶋 明洋 様

「エナリスの挑戦 環境価値取引のサービスプロバイダーを目指して」
株式会社エナリス
執行役員 経営戦略本部長
塚本 博之 様

「「顔の見える電力」サービスとブロッックチェーン技術を活用したP2Pへの取り組みについて」
みんな電力株式会社
事業本部 事業開発部
部長
真野 秀太 様

・パネル討議/「住宅用太陽光発電 新たな時代を切り拓く2019年」
司会・モデレーター
みんな電力株式会社
事業本部 事業開発部
部長
真野 秀太 様

17:30~19:00   ・情報交換会

2日目:11月15日(木)


≪セッション3≫ 技術開発の最前線とビジネスへの展開

9:30~10:00     ・「太陽電池・システム研究開発の最先端の動き」
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
福島再生可能エネルギー研究所
上席イノベーションコーディネータ
近藤 道雄 様

10:00~10:30   ・「太陽光発電普及拡大に貢献する電力デジタルイノベーション~VPP・
DERの最新動向」
大阪大学大学院
工学研究科
招聘教授
西村 陽 様

≪セッション4≫ 公共・産業用太陽光発電 第三者保有ビジネスモデルの展開

10:40~11:25   ・「非常用電源付ソーラーカーポート型 第三者保有モデルのご紹介」
「カーポート型PPAモデルをはじめとしたNTTスマイルエナジーの事業展開について」
ファブスコ株式会社
取締役
田島 彰洋 様

株式会社NTTスマイルエナジー
代表取締役社長
小鶴 慎吾 様

11:25~12:10   ・「大川印刷様 工場設置型 第三者保有モデル」
株式会社大川印刷
代表取締役社長
大川 哲郎 様

ソーラーフロンティア株式会社
代理店事業部 低炭素システム推進グループ
マネージャー
福原 誉司 様

≪セッション5≫農業振興と再生可能エネルギーの普及

13:10~14:50   ・ショートプレゼンテーション
「農山漁村の活性化につながる再生可能エネルギー」
農林水産省 食料産業局
バイオマス循環資源課
再生可能エネルギー室長
鎌田 知也 様

「若者に夢のある新しい農業のカタチ」
ファームドゥホールディングス株式会社
代表取締役
岩井 雅之 様

「土地改良区の水上設置太陽光発電の活用」
岡山市浦安土地改良区
理事長
横江 博通 様

「ソーラーシェアリングによる次世代農業モデルの確立」
千葉エコ・エネルギー株式会社
代表取締役
馬上 丈司 様

・パネル討議/「農業振興と再生可能エネルギーの普及」
司会・モデレーター
千葉エコ・エネルギー株式会社
代表取締役
馬上 丈司 様

≪セッション6≫ 主力電源化に向けた太陽光発電事業戦略

15:10~16:50   ・ショートプレゼンテーション
「主力電源化に向けて
『産業用低圧太陽光発電』は必要か?
~XSOLのソリューション~」
株式会社エクソル
代表取締役社長
鈴木 伸一 様

「エネルギーから世界を変える~自然エネルギー100%の世界は、つくれる。~」
juwi自然電力オペレーション株式会社
代表取締役
佐々木 周 様

「太陽光発電を主力電源に導くFITの先のビジネス展開」
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社
代表取締役社長
伊藤 敦 様

「主力電源化に向けた太陽光発電事業経営の戦略 ~“Utility Scale”の追求とコスト低減のその先~」
株式会社レノバ
代表取締役社長 CEO
木南 陽介 様

・パネル討議/「主力電源化に向けた太陽光発電事業戦略」
司会・コーディネータ
日経エネルギーNext
編集長
山根 小雪 様

16:50~17:00   ・閉会
一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)
事務局長
増川 武昭


 

ページトップへ