セミナー・シンポジウムなどの開催予定

第34回太陽光発電シンポジウム

講演タイトル

「基礎・架台設計の最前線 ~NEDO研究成果からの設計ガイドラインへの展開~」

講演者写真

奥地建産株式会社
耐風プロジェクト
ジェネラルマネージャー

高森 浩治 様

講演内容

太陽光発電設備の増加に伴い強風や積雪による被害が増加傾向にあります。架台や基礎の不適切な設計がその一因となっていることから、太陽光発電設備に特化した設計ガイドラインの整備はPV業界にとっての喫緊の課題となっていました。本セッションでは、NEDO委託事業の成果として取りまとめた「地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドライン」の概要と、架台・基礎の構造設計に関する最新の知見について解説します。

プロフィール

大阪府出身
大阪府立今宮工業高等学校卒
大阪市立大学大学院工学研究科 後期博士課程修了
1986年大阪の試験・研究機関に入社、建築物の耐風設計に関する試験・研究に従事。
2015年に博士(工学)を取得。
2016年奥地建産入社、NEDO事業を中心に太陽光発電設備の構造性能評価に関する研究に携わり現在に至る。
大阪市立大学非常勤講師。日本建築学会、日本風工学会会員。
ページトップへ