第36回太陽光発電シンポジウム

講演タイトル

「次世代電力プラットホームの中での太陽光発電」

講演者写真

大阪大学大学院
工学研究科 ビジネスエンジニアリング専攻
招聘教授

西村 陽 様

プロフィール・講演内容

1961年 富山県生まれ。1984年 一橋大学経済学部卒業。
関西電力で戦略、電力市場改革を担当。
公益事業学会理事・政策研究会幹事、国際公共政策学会理事、専門はビジネスイノベーション、電力市場、環境経済学等。
1999~2001年 学習院大学特別客員教授。2006~2008年 大阪大学ビジネスエンジニアリング専攻招聘教授。
2013年 資源エネルギー庁ネガワットWG委員、2016年 ERAB検討会委員、制御量WG参加。
2018年 次世代技術を活用した新たな電力プラットホームの在り方研究会(プラットホーム研)委員。

現在、早稲田大学先進グリッド研究所と兼職。

講演では、プラットホーム研の議論、公益事業学会研究会で現在進められているポストFITのあり方研究の中から、太陽光発電の今後の姿、他のプレーヤーとの連携について紹介する。
ページトップへ