第36回太陽光発電シンポジウム

講演タイトル

「ソニーの環境計画Road to Zero ~2050年までに環境負荷ゼロを目指して~
 ソニーが目指す再生可能エネルギー100%の電力調達」

講演者写真

ソニー株式会社
HQ総務部 EHSグループ
シニアマネジャー

井上 哲 様

講演内容

ソニーは、「環境負荷ゼロ」を目指す環境計画「Road to Zero」を策定し、その実現にむけて2018年9月に「RE100」に加盟し、2040年度に再エネ比率を100%にする目標を掲げました。欧州では2008年にすでに再エネ比率100%を達成しています。タイや日本などの製造事業所での太陽光パネルの設置を推進するとともに、先日日本において、「自己託送」による離れた場所にある自前の太陽光発電の電力を自社工場に送る方針を明らかにしました。ソニーの取り組みの全容と背景を説明します。
ページトップへ